126p

  • Day:2010.10.29 03:26
  • Cat:diary
z5359272X,Fiat-126p---przez-wiele-lat-byl-jednym-z-najczesciej

Fiat500、チンクチェントの後継車として1973年にリリースされた126p
イタリア大衆車の代表であるチンクはルパンが乗ったり日本でも人気ですが、126はほとんど見ることがありません
本国イタリアでもチンクの次世代はパンダとなって、126は中途半端な下駄代わりとして酷使され人気もいまいちのようです

カクカクしたチンクの二番煎じ的なマイナー車ですが見れば見るほど魅力的
軽自動車登録の出来るコンパクトなシティーコミューターとして最高だと思います
もちろん空冷2気筒RRですので油温管理が大切なのはハーレーと一緒です
いじる程に楽しみが増す安い車、今はなくなっちゃいましたね




スポンサーサイト